​無人島に行きたいけれど、行けない子どもたちへ

無人島 × 教 育

無人島に行けないからって、しょげることはない。

街にいるからって、サバイバルができないわけじゃない。

無人島でも街でも、サバイバルのときに考えることは変わらないからだ。

それは、100年前も100年後も、世界のどこであろうとも、

人間が生きていける条件が、変わらないからだ。

だから、いま君がいる場所でも、いま君の年齢でも、

生きのびるために考えることは同じだ。

それが、「サバイバル思考法」。

生存のための原則を学び、君の頭で知恵を絞れ。

ー イベント詳細 ー

 

■ 開催日時 ■ 

2022年6月25日(土)

第1部:10:00~11:30 / 第2部:14:00~15:30

​※どちらも同じ内容です。どちらか一方にお申込みください。

 

■ 対  象 ■

 

まるグループに在籍している小学3年生~中学3年生

​※当イベントの内容や難易度は、小学3生以上を対象としております。

 

■  参加費  ■

1名 2,000円(税込2,200円)

※7月分の月謝とともに自動振替にてお支払いいただきます。

​※無料キャンセルは6月17日(金)19:00まで。それ以降のキャンセルは全額お支払いいただきます。

 

​■ 定  員 ■

各回先着40名

※ひとつの画面に複数人で参加する場合も、それぞれの生徒IDとパスワードで参加者1名ごとにお申し込みください。

 

​■ 申込期間 ■

2022年5月30日(月)11:00~6月17日(金)19:00

※先着順です。

​※定員になり次第、〆切とさせていただきます。

 

■ 問い合わせ ■

 

mujinto@hanamarugroup.jp (担当:加藤)

ー スタッフ紹介 ー

加藤崇彰(カトパン)

花まる学習会  無人島プロジェクト責任者。学生時代から、花まるの野外体験に深く関わってきた。現在は広島県へ移り住み、オンライン教室の教室長を務めながら、無人島開拓を進めている。

IMG_4463 (1)_edited.jpg

橋本一馬(職人)

花まる学習会関西ブロック教室長。前職が家具職人だった経歴から、「職人」のあだ名を持つ。趣味のキャンプ経験を買われて参加した無人島開拓に心を奪われ、島がある広島に移住した。

風呂 前.jpg

ーお申込みはこちらー

  • Instagram
  • Facebook
  • 黒のYouTubeアイコン
 
 
 
題字2.png
題字4.png